節約主婦へお教えしたい☆自動車保険料は下げられます!

自動車保険の種類

任意型の自動車保険と一口に言っても、契約の仕方などによって、別の名前で呼ばれることがあるのはご存知でしょうか。
自動車保険は、大きく分けて「代理店経由契約」と「直接契約」と呼ばれるものに分けることができます。
代理店経由契約というのは、いわゆるセールスマンを通して契約する自動車保険です。
自動車保険を契約する場合、車を購入したディーラーからセールスマンが来たり、近所の保険屋さんのセールスマンに相談して契約するということがあります。
これらは「代理店型契約」とよばれ、保険会社と契約者の間に、セールスマンが窓口となった代理店が入るものです。
代理店型保険は、わからないことはセールスマンに相談したり、保険内容の融通を利かせてもらえるという点です。
特に、車を初めて買ったりして、どのような保険を選べば良いのか分からないという時は、代理店のセールスマンに相談すれば、親身になってアドバイスをしてくれるでしょう。
さらに、事故が起こった時は、担当のセールスマンに相談できるというのも安心です。
一方、直接契約型の保険も最近人気です。
これは、「通販型自動車保険」とも呼ばれ、代理店を介さず、保険会社と直接契約するものです。
電話やインターネットを通じて契約するものが多く、安さがセールスポイントです。
ただし、保険の内容を正しく理解し、事故が起きた時は自分自身で保険会社に相談する必要があるので、車の運転暦が長く、自動車保険のことをある程度理解している人に向いていると言えるでしょう。
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017節約主婦へお教えしたい☆自動車保険料は下げられます!.All rights reserved.