節約主婦へお教えしたい☆自動車保険料は下げられます!

年齢と保険料の関係

自動車保険における保険料の金額は、カバーされる内容や補償される金額だけではなく、「事故を起こすリスク」も勘案して定められているのはご存知でしょうか。
つまり、「事故を起こしやすい人は保険料が高く、事故を起こしにくい人は保険料を安く」という原則があります。
このようなリスクのなかで、最も良く知られているのが、車の運転手・被保険者の年齢と、保険料の関係でしょう。
これは俗に「年齢条件」と呼ばれているものです。
種々の自動車事故に関する統計によれば、10代・20代の若いドライバーが事故を起こす確率は、他の年齢層のドライバーよりも抜きん出て高くなっています。
ある年齢層のドライバーは保障しない(XX歳未満と表現されます)という年齢条件を付けることで、保険料が安くなる場合があるのです。
年齢条件の設定は、保険会社によっても異なります。
例えば、A社の保険では、全年齢・20歳未満不担保・25歳未満不担保・30歳未満不担保という設定であるのに対し、B社では35歳未満不担保という階級まで設定されていることがあります。
この場合、例えば40歳のドライバーの場合、年齢以外の条件は同じでも、B社の保険料の方が安くなるという場合がありますので、少しでも保険料を節約したいという場合は、保険の見直しを定期的に行い、どの保険会社が安いかをチェックする必要があります。
各社の保険内容を良く理解し、少しでも保険料を抑えるように心がけたいものです。
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017節約主婦へお教えしたい☆自動車保険料は下げられます!.All rights reserved.