節約主婦へお教えしたい☆自動車保険料は下げられます!

ライフスタイルと保険料

自動車保険には様々な種類がありますが、契約者のライフスタイルで必要な保障が変わったり、保険料自体が変わることがあります。
例えば、契約者が20代独身、親と同居で車は週末のみ利用する、という場合を考えてみましょう。
20代であれば、事故のリスクが高いと判断され、保険料は40代ドライバーよりも高くなりますが、もらえる給与の額も少ないので、なるべく保険料は節約したいと思っているでしょう。
一方、万一自動車事故が起こって1ヶ月間働けなくなった場合でも、親と同居していれば、ある程度生活の面倒は見てもらえます。
このような場合、保障内容を抑えることで保険料を節約するという案が良いかもしれません。
一方で、契約者が40代で配偶者と子供がいる場合を考えましょう。
40代と言えば働き盛り、マイホームを購入してローンを抱えているかもしれません。
このような場合に事故が起こって働けなくなった場合、収入が大幅に減り、ライフプラン自体に大きな影響を与えかねません。
このような場合は、多少月々の保険料が高くなったとしても、事故が起きた場合の搭乗者に対する保障が充実したプランを選ぶのが良いでしょう。
自動車保険の保障内容をそのままにしておくのは、楽ではありますが、賢い選択とは言えません。
結婚や家族が増えるなど、ライフステージが変わった時は、保障内容も見直し、万一の事故に備えることが重要です。
どのような保険を選べば良いのか迷った場合、保険のセールスマンに相談してみると、適切なアドバイスが得られるでしょう。
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017節約主婦へお教えしたい☆自動車保険料は下げられます!.All rights reserved.