節約主婦へお教えしたい☆自動車保険料は下げられます!

リスク細分型保険とは?

最近、自動車保険の広告やコマーシャルを見ていると、「リスク細分型保険」という単語を目にしたり、耳にしたりすることがあるかと思います。
何やら「リスク」というと大げさに聞こえますが、このリスク細分型保険とは、いったいどのような自動車保険なのでしょうか。
リスク細分型保険のいわば反対の保険とは、昔ながらの方法で、セールスマンがすすめた保険を契約するというものです。
例えば年齢や車種、保障の内容などをセールスマンに相談し、保険の料金が決まるというものです。
セールスマンに任せてしまえば、適切な保険をすすめてもらえるので、簡単だというのがメリットでしょう。
一方で、このような保険の契約では、例えば毎日車を運転する人でも、夏休みにレジャーにいく時だけ車を運転するという人でも保険料が同じでした。
バブル崩壊後、不景気であると常に言われ続けてきた状況で、少しでも保険料を安くしたいというニーズ、また外資の保険会社が参入し、各社しのぎを削る中で、「できるだけ保険料を安くしたい」という希望に応える形で生まれたのがリスク細分型保険です。
これは、運転の目的(業務使用か、日常的な使用か、レジャー・週末のみかなど)や運転する地域、走行距離等の条件を加味することで、事故を起こす可能性が低い人にはより安い保険料で自動車保険を契約してもらおうというものです。
リスク細分型保険を導入することで、すべての人が保険料を安くできるとは限りませんが、見積もりを取ってみる価値はあるでしょう。
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017節約主婦へお教えしたい☆自動車保険料は下げられます!.All rights reserved.